「共創コーチ®」の資格の更新について

Certifiedcoach Qualification Update

共創コーチ®資格及び、国際コーチ連盟(ICF)資格は、初回認定時または最終更新時から3年間有効です。
資格はコーチの高い専門性とスキル、倫理規定の遵守を証明するものであり、資格取得後は3年ごとに更新していく必要があります。
有効期限については、ご自身の証明証に書いてありますのでご確認ください。

Conditions

「共創コーチ®」資格の更新条件

「初回認定時または最終更新時から次の更新までの期間中(3年間)に、下記1〜2全ての条件を修了して下さい。

【1】 最低40時間の学習時間の履修

(1)共創コーチ®養成スクールプログラムの受講

共創コーチ®養成スクールで開催される各種コース・セミナー・ライブなどを受講または再受講して下さい。時間数については、こちらのページでご確認ください。
現在は、共創コーチング®実践クラブ会員であれば、毎月ピアトレ100(1.6H 無料)と基礎コースの再受講(1コース12H 5,500円 *2コースまで)を受けていれば、金額的にも時間的にも無理なく更新できる形をとっています。

(2)他スクールプログラムでの受講

当スクール以外の「継続コーチ専門学習(CCE)※」認定のプログラムや、その他、コーチングに関連すると思われるプログラム(心理学系のプログラムなど)についても16時間まで加算することが可能です。

  • 国際コーチング連盟(ICF)の継続コーチ学習に認定されているプログラムのこと。

(3)コーチングを受けた時間

コーチからコーチングを受けた時間も、「【1】-(2) 他スクールプログラムでの受講」に10時間まで含めることができます。※但し条件あり、詳細は下記の【2】を参照

【2】最低3ヶ月間、コーチからコーチングを受ける

※同一コーチから3ヶ月間以上。ただしセッション時間は問わない。推奨10時間以上
※コーチの資格は問わないが、共創コーチ®️及びICFの有資格者(ACC、PCC、MCC)であれば、10時間までは、【1】-(2)の学習時間に組み込むことができる。

ICFの資格取得者について

共創コーチ®︎養成スクールを経由してICFの資格を取得された方は、ICFの資格を所持し更新をしていれば、同時に共創コーチの有資格者と見なすこととします。よって、共創コーチ資格更新のための上記の手続きを行う必要はありません。
ただし、ICF の資格取得や更新についてはこちらで把握ができないため、資格取得・更新時期についてご一報ください。また、ICFの更新や資格管理は個人責任となります。英語などに関しては有償にてサポートさせていただきます。

How To

「共創コーチ®」資格の更新方法

「申請用フォーマット」に必要事項を記入し、info@coaching-syst.co.jp宛に有効期限までにメール添付にてご提出ください。 更新料は5,500円です(ICF資格の更新をした方は無料となります。)。 更新後の証明証はデジタルで届きます。紙の証明証を所望する方は別途3,300円かかります。

共創コーチ®資格更新申請用フォーマットはこちら

Present

「共創コーチ®」資格の特典

1. ラーニングウェアで自己紹介をすることができる(実践CLUB生のみ)

ラーニングウェアの上部にある「メンバー」のメニューから共創コーチ有資格者の方は、自己紹介ができるようになっています。
コーチングを学習している人の中には自分にコーチをつけたいというニーズが高くあります。そういった方からあなた自身に興味を持ちコーチの依頼が来ることもあります。
自己紹介は簡単にアップデートできますので、お知らせやイベントの告知もこの中であればご自由に行うことができます。

2. 養成コースにアシスタントとして参加できる

養成コースにアシスタントとして参加することができます。
アシスタントを通して、再度学習をする機会としてご活用いただくことも可能ですし、みなさんのことを知ってもらう機会にもなります。

  • 資格更新の履修時間にもなります。

3. クライアント/コーポレートを優先的に紹介

共創コーチ有資格者の方には、当社から、コーチを希望する方(クライアント)とのマッチングを無償でさせていただいております。
クライアントのタイプやコーチのキャリアやスキルなどを鑑みての紹介なので、確実にご紹介をお約束できるものありませんが、マッチングの機会を積極的に作っています。

  • マッチングは現在は無償で行っておりますが、予告なく変更になる可能性がございます。