よくある質問

FAQ

コース受講について

共創コーチ®養成スクールの特徴を教えてください(学びの構造や参加者の職種など)

● 講師の質 ・講師の稲垣友仁は教育分野、人材育成のコーチングに20年以上関わってきており、また講師の稲垣陽子はエグゼクティブコーチとして社長や役員、そして会社組織のコーチングに20年関わってきており、現場での実践経験に強みがあります。
・現在は、上記の2人のコーチが、全ての資格取得プログラムで直接指導を行っています。

● 学びの構造 ・オンラインクラスは2019年12月から運用を始めており(宇都宮大学教職員特別コース)、いち早くオンラインでの提供を行っています。
・基礎コースでは、動画視聴、テスト問題、レポート、現場実践をラーニングサイクルとして毎週回すことで、スキルアップを図られています。(リアルセミナーをやっていた時よりもスキルアップのスピードが早いように思います)
・ACTPスクールの他スクールでは見当たらない、ビデオ視聴時間も単位時間数に含まれており、効率的な学習プログラムとなっています。
・資格コースの全てのクラスで、終了後30分間は自由に仲間と交流する時間があり、学習の理解を深める時間と参加者の交流の場となっています。また講師にも気軽に質問したり話したりする場としてとても好評です。

● コース終了後のフォローアップ ・共創コーチング®ラーニングウェア内では、資格取得者を紹介し受講者クライアントと繋げる場があります。
・全てのコースが終わった後も、「共創コーチング®実践CLUB」という自分自身のコーチとしてのゴールが達成できるようなフォローアップの場が用意されています。
・コースが終わった後はアシスタントコースに参加できセミナーの裏側を学こともできる環境が用意されています(現在、養成コースのみ)。
「共創コーチング®実践CLUB」について詳しくはこちら

● 参加者の幅の広さ 参加者は、大学生から定年退職者(平均では30代後半から40代が多い)で主にリーダー的な立場にある方が参加されています。そして職種も、企業の管理職、人事、役員に始まり個人事業主、医療福祉関係者である医者、看護師、事務スタッフ、理学療法士、作業療法士、ケアマネなど、また士業である弁護士、弁理士、社労士、税理士、会計士、中小企業診断士、そして教員は保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学の教員や校長など、とても幅広い層が集まっており、日本全国及び、世界から集まっています。コーチングスクールの中では平均的に中堅層いのですが、20代後半の若手層も参加してることに特徴があると思われます。
「受講生インタビュー」はこちら

共創コーチ®及びACTP資格取得まで、どのプログラムを受講して、おいくらぐらいかかるのでしょうか。

下記は、2022年6月現在の価格となります。

【共創コーチ®資格まで】 基礎コース 286,000円(体験プログラム受講により)
養成コース 286,000円(メンターコーチ料10H含)
共創コーチ資格試験 33,000円
合計 605,000円

【ACTP資格まで】 共創コーチ®資格取得(上記) 605,000円
ハーフセミナー 33,000円
PCCチャレンジ 198,000円
ACTP資格試験 33,000円
合計 869,000円

共創コーチ®養成スクールの受講形態はどのような形ですか?

共創コーチ®養成スクールは、オンライン受講で開講しています。
事前にビデオ視聴を行い、その後にzoomセミナーを行う反転学習の形で、学習定着率を上げるためのシステムがとられています。
「学びの仕組み」について詳しくはこちら

共創コーチング®ラーニングウェアとは何ですか?

学習を効率的に行うため、オンライン上で動画、テスト、レポートなどを一括で管理できるラーニングマネジメントシステム(LMS)と言われるものです。
「ラーニングマネジメントシステム」について詳しくはこちら

海外からでも参加できますか?
はい。
共創コーチ®養成スクールは、オンラインで学習を進めていくため、オンラインがある環境であれば世界中のどこからでも参加いただけます。
海外在住の方も参加されています。これまで日本国外からは、世界7ヶ国以上にお住まいの方が参加実績があります。
年齢制限はありますか?
年齢制限は特にございません。
共創コーチ®養成スクールには、20代前半から60代まで幅広い年齢層の方がご参加されています。
履修期間は何年間ですか?
履修期間は、各コース最初に参加した日から1年間で受講してください。
基礎コースの受講に関しては、4つのコースのどこからでも開始して良いのでしょうか?
はい、基本的にどこからでもスタートは可能です。
コーチング研修を会社で受けたり、セミナーで受けた方は特にどこからでも構いません。
不安だと感じられる方は、コミュニケーションコースからスタートすることをお勧めいたします。

お申し込み手続きとお支払いについて

参加申し込みの方法を教えてください。

「講座一覧」からご希望のページに飛び、各コースのお申し込みボタンからお申し込みください。
「講座一覧」はこちら

銀行振込のほか、受講料の分割やクレジットカードによる支払いは可能ですか?

可能です。
クレジットカード支払いの場合は、paypalをご利用できます。また通常のカードもご利用いただけます。
分割払いはpaypalにおける4回払いと銀行振り込みの2回払いがあります。
詳細は体験プログラムにてご確認いただくか、弊社までおたずねください。
「受講コース・受講料」について詳しくはこちら

お申し込み前に体験プログラムに参加したほうがいいですか?

はい。ぜひ体験プログラムへご参加ください。
体験プログラムでは、コーチング上級資格取得者におけるコーチングデモンストレーションや質問の演習、共創コーチ®養成スクールの詳細についてご説明します。
「体験プログラム」について詳しくはこちら

基礎コースの受講料振り込みは、開講日の少なくとも〇日前まで等、決まりがあるでしょうか?

受講料の振り込みは、お申し込みいただいてから5営業日内にお願いしております。
ただし、受講日程が迫っている場合は第1日目に受講される前に支払いをお願おります。
お支払い日程についてはご相談いただければ対応させていただきます。

共創コーチ®及びACTP資格取得まで、どのプログラムを受講して、おいくらぐらいかかるのでしょうか。

下記は、2022年6月現在の価格となります。

【共創コーチ®資格まで】 基礎コース 286,000円(体験プログラム受講により)
養成コース 286,000円(メンターコーチ料10H含)
共創コーチ資格試験 33,000円
合計 605,000円

【ACTP資格まで】 共創コーチ®資格取得(上記) 605,000円
ハーフセミナー 33,000円
PCCチャレンジ 198,000円
ACTP資格試験 33,000円
合計 869,000円

コーチングの資格について

どのような資格を取得できますか?

共創コーチ®養成スクールでは以下の資格を取得できます。

共創コーチ®
国際コーチング連盟(ICF)のアソシエイト認定コーチ(ACC)・プロフェッショナル認定コーチ(PCC)

共創コーチ®の資格取得は、履修を開始してからどれくらい時間がかかりますか?
履修開始してから、約1年ほどで共創コーチ®資格を取得することができます。
国際コーチング連盟(ICF)の認定コーチの資格取得は、履修を開始してからどれくらい時間がかかりますか?

履修開始してから、1年半~3年ほどで国際コーチング連盟のアソシエイト認定コーチ資格を取得することができます。
その後は、次のステップとして、3年から5年でプロフェッショナル認定コーチ資格を取得していく方が多いです。
詳しくは国際コーチング連盟の認定資格のご案内をご確認ください。

ICFの認定資格 ICF JAPAN
国際コーチング連盟

資格更新について教えてください

2022年1月現在下記のようになっています。

● 共創コーチの資格更新条件 (1)3年間で40hのセミナーを受講(当社のセミナーを最低24時間受講し、その他は、他のコーチングに関わるプログラムでもOK。全て当社でも構いません。)
(2)更新期間内に、3ヵ月以上コーチからコーチングを受けている(時間数は問わない)

● ICFの資格更新条件 (1)3年間で40hのセミナーを受講
(2)メンターコーチング10H以上受講する(ACCの最初の更新のみ)

当社では、資格更新をできるだけ安価で受講できるよう再受講制度を作っています。
共創コーチング®実践CLUB会員に入ると無料でピアトレ100を毎月受講したり(1回1.6Hの資格更新単位)、もしくは、基礎コースの再受講がCLUB会員であれば、現在(2022年1月)1年間2コースまでは1コース5,500円で12時間の単位がもらえます。基礎コース2コース再受講するとすると11000円で、24時間の更新単位をもらえます。
※詳細は、下記「共創コーチング®実践CLUB」会員ページの「基礎コースセミナー再受講」についてをご覧ください。
詳しくはこちら

基礎コースの再受講はICFの資格にも共創コーチ®︎の資格更新にも使えるものです。
資格更新にかかる金額は、概算ですが3年間で3万円~5万円ぐらいの範囲で更新単位は収めることが可能です。
※講座一覧」のページの途中にある「資格を目指す方のためのプログラム」に対応講座が記載されています。
詳しくはこちら